ようこそ

結婚しても働きたい女性に贈るサイトです。女性と仕事について詳しく、掘り下げてみました!参考にしていただけると幸いです。

■千葉県在住
■既婚のワーキングウーマン

女性のライフプランとキャリアプラン

女性のライフプランとキャリアプラン

素敵な女性のキャリアプラン

素敵な女性のキャリアプランとは、どんなものでしょう?もちろん、キャリアプランは一人一人違うものです。思い描いていたキャリアプラン通りに、キャリアを積むことができたら、あなたにとって”素敵なキャリアプラン”になるのではないでしょうか?女性には大きなライフイベントがいくつもあります。そのライフイベント毎に、働き方も違ってきます。女性としてキャリアを積むには、まず”長く働き続けられる職場”を見つけることから、はじめなければなりません。産休・育児休暇がしっかり取れるのか?そんな所もチェックポイントです。輝いて働ける職場探しをしましょう。
以降の記事でも書きますが、素敵なキャリアプランを手にするには、自分自身とよく向き合わなければなりません。自分がどうしたいのか?今後どうなっていくのか?5年後、10年後のなりたい自分になれるようにしたいですよね。”なりたい自分像”をしっかりと持っている人は、持ってない人よりも、より仕事において成功するという統計もあります。

女性のライフイベントはキャリアを左右する

女性にはさまざまなライフイベントがあります。大きく、結婚・妊娠出産・育児・介護ですね。これらのライフイベントがキャリアを大きく左右するということは、皆さんもご存知でしょう。キャリアを大事にしたいなら、まずは女性のライフイベントについて考えていく必要があります。例えば、結婚を考えるとき、専業主婦になるか、仕事を続けるか、ここでキャリアが大きく異なります。仕事を続けると選択するならば、結婚しても仕事を続けられる環境を作らなければなりません。夫や家族の理解・協力が必要ですよね。もちろん自分も今まで以上に努力が必要かもしれません。キャリアとライフイベントはきってもきれない関係としてついてまわります。ですからキャリアを大事にされたい方は、是非、ライフプランを練ってみてください!ライフプランとキャリアプランについては、次項目で詳しくご紹介したいと思います。

女性のライフプランはキャリアプラン

ライフプランって何でしょう?『自分の人生を主体的に決めていく』ことと、ファイナンシャルプランナーで『女性が28歳までに知っておきたいお金の貯め方』(三笠書房)の著者、中村芳子先生は説いています。ライフプランを立てることは、人と比べたり人の意見を気にしたりしないで、「自分がどうしたいか」という本心と向き合うことなんです。自分のライフプランは自分にしか決められないものです。「何歳で結婚」「何歳くらいまでに出産」など5年後、10年後の自分を思い描いていきましょう。そこにキャリアプランをすり合わせます。キャリアプランは、あなたが望むキャリアアップや、やりたい仕事をする年齢などです。こちらも定年までにすることを、5年後、10年後の自分で思い描きます。これらをすり合わせしたとき、キャリアプランの大事な時期に、ライフプランのイベントが重なることが出てきます。そこをどう乗り切るか?優先順位をつけていくことも重要です。ミスマッチに遭遇したときに、自分はどの道をたどるのか、先に決めておくと戸惑いや混乱が少なくて済みます。”想定の範囲内”となるからです。一度しかない人生です。充実した生き方をするためにも、ライフプラン・キャリアプランを立ててみてはいかがですか?

人気の記事リスト

女性のライフプランとキャリアプラン 結婚、妊娠。出産、子育て、介護など女性の人生の中で起こりうるライフイベント。どれもが大きな出来事で、大切なもの。結婚しても仕事を続けたいと考える女性に考えておいて欲しいことをご紹介します。

女性にとっての仕事のやりがい 結婚しても働き続けたいという女性にとって、社会で役立つことへの達成感はとても重要なものです。もちろんお金を稼げることは言うまでもありません。自分で働いた給与は使い方にも充実感を感じれるかもしれません。そんな女性にとっての仕事のやりがいについてご紹介します。

女性にとって結婚とは 結婚した後、仕事をどうしていくかということは、誰しもが一度は考えてみることではないでしょうか? 大変かもしれなくても、仕事を続けたいという思いを抱える女性のために、ここでは働き続けるメリットや働き方についてご紹介していきます。考えをまとめるヒントに利用してくださいね。

産休・育休と育児、その時女性は? 結婚しても仕事を続けたい!とがんばってきた女性も、妊娠・子育てでもう一度、悩まれる方もおおいかと思います。退職するのか、休職するのか、その先も仕事を続けるには、どんな支援制度があるのかなど、ここでは育児支援の環境についての情報をまとめてご紹介しています。