ようこそ

結婚しても働きたい女性に贈るサイトです。女性と仕事について詳しく、掘り下げてみました!参考にしていただけると幸いです。

■千葉県在住
■既婚のワーキングウーマン

子育てと仕事の両立はパートナーと!

子育てと仕事の両立はパートナーと!

両立のカギはパートナー

女性が結婚、出産、育児をしながらも、仕事を続けていく、あるいは就職するために何より必要なのは、家族理解です。中でも、一番身近な存在であるパートナーの協力なくして両立を目指すのは難しいものです。
パートナーに協力してもらうためには、まず、自分が仕事を続けていく必要性に納得してもらうことが必要です。金銭面なのか、メンタルの問題なのか、また教育的意義なのか、理由はさまざまだと思いますが、自分自身がまず明確な目的を心に持ち、パートナーにちゃんと伝えることが大切。
理解してもらったうえで、譲歩するのではなく、強制するのでもなく、お互いに「思いやり」を持って、同じ責任、目標を持って、協力しあうことが必要です。育児は一人の仕事ではないことを二人が共有し、協力することが育児環境としても理想的と言えるでしょう。 

家事・子育て術を上手に伝授

パートナーに平等に協力してもらう、とは言っても、実際の育児に関してパートナーに何をすればいいのか、なぜそれをするのか、といった意義や方法を教え、つたえることも大切。
今まで子育てに積極的に関わってこなかったパートナーならなおのこと。苦手意識をはじめに持たせないこと大事になってきます。
「できなくてあたりまえ」、「知らなくてあたりまえ」という寛大な気持ちで伝えましょう。せめてしまったり、できないことを非難すると、その後の協力が得られなくなり、結果的に大変になるのは自分自身ですので、家事や子育てを教えるのは自分のためだと思って、接してください。できないことを説明する際、かならずできていること、感心できることも一緒に伝えるといいと思います。また自分にはできなかったけど、相手が気づいたことなどは特に、相手の専門担当となるように褒めるものいいですよ。
協力というのは、一人で行うものではないということを忘れずに、パートナーとの協力関係の基礎作りをしてみてくださいね。

仕事と子育てを乗り越えながら、家族が成長する!

「子はかずがい」や「困難が絆を強くする」なんて言葉を耳にしたことはありませんか? 育児と仕事を両立していくのは、まさに困難な作業です。子供は免疫力を高めるために、よく熱をだしたり、病気をもらうことがあります。発達するために激しく動くので、怪我をすることもあります。そのたび、仕事を休まなければならなかったり、誰かが代わりに子供の世話をしなければならないなど、大変なことも多く起こることでしょう。
しかし、そんな困難を乗り越えるごとに、家族には強い絆と成長が生まれ、より家族となっていくものです。
仕事と育児の両立は大変なものですが、そこには家族としての成長もきっとあることでしょう。お互いがお互いを思いやる気持ちをもてれば、その大変さを乗り越えていくことがきっとできるのです。

人気の記事リスト

女性のライフプランとキャリアプラン 結婚、妊娠。出産、子育て、介護など女性の人生の中で起こりうるライフイベント。どれもが大きな出来事で、大切なもの。結婚しても仕事を続けたいと考える女性に考えておいて欲しいことをご紹介します。

女性にとっての仕事のやりがい 結婚しても働き続けたいという女性にとって、社会で役立つことへの達成感はとても重要なものです。もちろんお金を稼げることは言うまでもありません。自分で働いた給与は使い方にも充実感を感じれるかもしれません。そんな女性にとっての仕事のやりがいについてご紹介します。

女性にとって結婚とは 結婚した後、仕事をどうしていくかということは、誰しもが一度は考えてみることではないでしょうか? 大変かもしれなくても、仕事を続けたいという思いを抱える女性のために、ここでは働き続けるメリットや働き方についてご紹介していきます。考えをまとめるヒントに利用してくださいね。

産休・育休と育児、その時女性は? 結婚しても仕事を続けたい!とがんばってきた女性も、妊娠・子育てでもう一度、悩まれる方もおおいかと思います。退職するのか、休職するのか、その先も仕事を続けるには、どんな支援制度があるのかなど、ここでは育児支援の環境についての情報をまとめてご紹介しています。